表示写真の変更
デフォルト
外観
リビング
キッチン

絞り込み内容

エリア
名古屋都心部

絞り込み内容

エリア
名古屋都心部

CONTACTお問い合わせ

0800-111-7776 受付時間/10:00〜19:00
年中無休

名古屋都心部〜名古屋の中でも人気の高い地区〜

名古屋の中でも人気の高い地区

名古屋都心部は、中区、東区、中村区の3つの地区のことです。愛知県の北西部であり、名古屋駅から東側に広がっているエリアです。

この2つのエリアは名古屋市の中でも人気の高い地区であり、物件も多く集まっています。

特に中区と中村区は名古屋駅の東側に隣接したエリアであり、多くの商業施設や飲食店、公共施設が集まっています。

利便性も高く、遊ぶ場所も多い、そして交通のアクセスも良いという良いところだらけであり、人気が集中しています。

東区は、中区の北東部に位置し、中区ほどではありませんが、中心部へのアクセスが良く、また南西部には大手企業の本社や支社が立ち並んでいます。

出張や転勤で来ている人が住むのに適した街であり、単身者に人気のエリアです。

中区と中村区は、行政を始め、商業、金融系の企業が多く存在します。

市内において、中村区、北区、西区など隣接している区が最も多い区であり、名古屋市内の移動が最もしやすい地区になっています。

中心部に白川公園がありますが、それ以外はほとんどが企業か住宅街です。

この3区は、単身者からファミリー層まで、住むのに適した地区と言えるでしょう。

若い人が遊べる場所が多数あり

名古屋都心部には、若い人が遊べる場所が多数あります。名古屋駅を少し南に行くと、「Zepp Nagoya」があります。

ライブイベントで利用されている施設であり、人気のバンドがライブを開催しています。

名古屋パルコでは、若者向けのお店やファッション系、スイーツ系のお店が充実し、名古屋テレビ塔は、不定期ですがさまざまなイベントが行われています。

もちろん駅前には飲食店や飲み屋も多数あり、仕事帰りに一杯できます。

仮に遅くまで飲んだとしても、徒歩やタクシーで帰ることができるので、若い人にとっては毎日を楽しく過ごせることでしょう。

東区にはナゴヤドームがありますので、野球ファンにとっても便利な地区です。

歴史的な建造物もあります。中区には名古屋城があり、東区には「源氏物語絵巻」を展示している「徳川美術館」と「源氏物語」を所蔵している名古屋市蓬左文庫があります。

観光地としても楽しめる地区なので、休日の遊び場には困らないでしょう。

アクセスも便利

名古屋都心部は、都心部というだけあって、アクセスは抜群です。

中区や中村区に至っては、公共の交通機関を利用しなくても、徒歩で名古屋駅に行くことができます。

中区、中村区、東区とも、JR東海から、名鉄、名古屋市営地下鉄と、名古屋市に走っている全ての路線を利用することができます。

バスも、名古屋市営バス、名鉄バス、あおい交通と三つあり、名古屋市内から市外まで、至る所へアクセス良く行くことができます。

もちろん、自転車での移動もできます。坂道はあまりなく、ほとんど平坦な土地なので、自家用車がなくても、名古屋駅周辺の至る所へ行けます。

近い将来は、リニアモーターカーが走る予定になっています。名古屋駅から東京駅へは40分で行けると予測されており、将来的にもまだまだ人気が高くなっていくと予想されます。

都心部で部屋を借りるという選択

これから名古屋周辺に引っ越し、あるいは転勤する人は、住む場所の選択肢として真っ先に候補になるのが、名古屋都心部だと思います。

家賃相場は、名古屋駅周辺だと、ワンルームで6万円、1DKで7万円、1LDKで8.5万円と、愛知県内では最も高い地区になっています。

ただ、その分通勤や通学は非常に楽になりますし、周辺に何でもありますので、生活面ではぐっと楽になります。

ファミリー層にとっても、お子さまが通学で電車やバスで長距離移動するというのは、若干不安な点もあると思います。

都心部であれば、移動も長くならないですし安心できます。

単身者も、郊外に住んで、終電を逃してタクシーで帰ったり、終電を気にして飲みに行かなければならないというストレスを考えると、都心部に部屋を借りるメリットは非常に大きいと思います。

家賃の高さだけがネックではありますが、それを補うほどの利便性があることは間違いありません。

SEARCH検索
CONTACTお問い合わせ

お気軽に
お問い合わせください

0800-111-7776 受付時間/10:00〜19:00 年中無休

MENUメニュー
× メニューを閉じる